カウンセリング

どうして費用が違うのか

カウンセリング

施術の種類で比べよう

二重整形をしようとインターネットで費用相場をチェックしていると、料金のバラつきが気になるかもしれませんね。もちろん、二重整形は自由診療なのでクリニックごとに料金設定が異なるのは当然のことですが、同じクリニック内でも幅があることに気付くはず。これは、二重整形にも種類があり、内容が大きく異ることがその理由です。予算は大事ですから、比較検討する場合には、施術の種類についてもよく調べておきましょう。まずは現在美容クリニックで主流となっている施術を知ることです。二重整形には埋没法と切開法とがあり、埋没法が今、人気の高いいわゆるプチ整形にあたる施術になります。切開法は従来通りメスを入れる方法ですが、その中にも部分切開法と全切開法とがあり、部分切開法は比較的埋没法に近く、負担が軽めの施術になります。それぞれダウンタイムやかかる費用も変わりますので、まずはそこから勉強しておきましょう。まず埋没法ですが、こちらはメスは使わず、まぶたに特殊な糸を埋め込んで二重のラインを作る方法です。止める箇所が2箇所の場合と3箇所の場合とがありますが、一般的な2箇所止めの費用で安いものは5万円程度から高いものは15万円程度になります。比較的簡単な施術で、今受ける人が最も多い施術と言えますが、止め方によってはラインが取れて元に戻るまでの持続期間が短くなる場合もあります。ただ、しっかり止めたほうが取れにくい分、ダウンタイムが長めになる場合もあるので、そこは頭に入れておいたほうが良いでしょう。クリニックごとにも工夫があり、必ずしもこれが良いと言えるものではありません。内容を良く知って、費用も含めて自分に合うものを選ぶのが一番です。部分切開法は、まぶたを1cmほど切開してラインを作る方法です。費用は25万円程度ですが、こちらは行っていないクリニックもあり、すべて全切開法に集約している場合もあります。全切開法はメスを入れる範囲が3cmほどで、費用は20万円から30万円程度が主流です。切開法は理想通りのラインを作りやすく、効果が半永久的に持続するのが何より魅力ですね。どういった手段が最適なのかはまぶたの状態にもよりますので、詳しくはカウンセリングで訊いてみましょう。