カウンセリング

理想の目元を実現するには

女の人

方法を知ろう

すっきりした一重の目元はクールで美しいですが、ぱっちりした二重の目元も可愛い印象を持たれます。目の印象で顔全体のイメージが大きく左右されることから、目元は容姿に関する悩みの元になりがちです。どんな目元にもそれぞれの良さはあるものの、自分の理想のイメージに近づけるために整形手術を検討している方も多いのではないでしょうか。でも、ちょっと怖いし、費用もずいぶんかかりそうです。まずは、よくある悩みの一重から二重への整形とはどんなものなのか、費用や手術方法とあわせて知ってみましょう。一つ目は「埋没法」です。こちらは、まぶたに糸を通して二重まぶたを作る手術です。目を開くときに使う筋肉と皮膚を糸で繋いで二重をつくります。数万円からと比較的手術費用が安く、かつ短時間で完了することから、プチ整形として人気があります。糸を埋め込む場所を調整することで、二重の幅や形を好みに応じて設定できます。手術後の腫れが軽く、傷が残らないことも人気を後押ししています。通常は2か所ほどで糸を結ぶ手術方法ですが、より多くの箇所で糸を結べば、持ちの良い二重になります。この場合、通常の手術に比べて腫れは大きくなりますのでご注意ください。糸の結び目の数や手術後の年数にも依りますが、抜糸して元の状態に戻すことも可能です。現在主流の整形方式です。二つ目は「切開法」です。こちらは、まぶたをメスで切って二重まぶたにする方法です。埋没法と異なり、切開法では取れない二重を作ることができます。まぶたに数センチの傷をつける方法なので、手術後しばらくは腫れが引かず、女性は術後しばらくは化粧はできません。手術後1週間ほどは、まぶたに糸がついていますので、人に会うときは少し気になるかもしれません。傷痕は徐々に薄くなり、半年〜1年ほどで、目を閉じてもほとんど気づかない程度になります。費用は埋没法に比べてかなり高額になりますが、まぶたのたるみや腫れぼったさを解消する手術も同じタイミングで行なえるメリットがあります。一重以外に悩みがある場合、同時に手術することで一気に解消が図れます。